チュートリアル

提供: svg2wiki
移動: 案内, 検索

目次

SVGMapチュートリアル

SVGMapのチュートリアルです。簡単なものから応用的なものまで少しずつ紹介いたします。

チュートリアルプログラムのディレクトリ構成

└───devinfo
     └───devkddi
          └───tutorials
              ├───js          Javascriptファイル
              ├───img         イメージファイル
              ├───tutorial1   チュートリアル1
               .
               .
              └───tutorialN   チュートリアルN


チュートリアル1 海岸線地図表示

最初に日本の海岸線を表示するチュートリアルです。 実際の動作は、こちらをクリック。

詳細は、 チュートリアル1を参照。

  • ファイル構成 tutrial1ディレクトリに以下のファイルがあります。
    • tutrial1.html
      • SVGMapのコアプログラムファイル(SVGMapLv0.1_r14.js)を読み込み、SVGMapの各種APIを利用可能にする。
      • 地図表示部分を(DIVで)定義し、そこに表示するレイヤをまとめたSVGファイル(Containers.svg)を読み込む(上記SVGMapのコアプログラムにて自動的にVisibleになっているレイヤが表示される)。
      • ズームアップ・ズームダウン・GPSの各ボタンの表示とクリック時の動作(SVGMapのコアプログラムのそれぞれのAPIを呼び出す)を定義。
        • ズームアップボタン:svgMap.zoomup() APIを呼び出すことで地図をズームアップする。
        • ズームダウンボタン:svgMap.zoomdown() APIを呼び出すことで地図をズームダウンする。
        • GPSボタン:svgMap.gps() APIを呼び出すことで、現在地(PCやスマートフォンの位置、特定できる場合のみ)を中心にズームアップ表示する。
      • 中心を表す十字マークを表示。
      • 上記十字マークが示している地図上の緯度・経度の表示(実際には、地図の移動時に地図の中心の緯度・経度を表示する)。
    • Container.svg
      • 表示する各レイヤ用のSVGファイルを読み込む(Coastline.svgのみを読み込んでいる)
    • Coastline.svg
      • 日本の海岸線のデータを多数の線で定義している。

チュートリアル2 海岸線地図とPOI(空港)表示

チュートリアル1の内容にPOIで空港を表示するチュートリアルです。実際の動作はこちらをクリック。

詳細は、 チュートリアル2を参照。

  • ファイル構成はtutrial2ディレクトリに以下のファイルがあります。
    • tutrial2.html
      • チュートリアル2用のhtml。tutrial1.htmlと同様の内容。
    • Container.svg
      • 表示する各レイヤ用のSVGファイルを読み込む(Coastline_Airport.svgのみを読み込んでいる)
    • Coastline_Airport.svg
      • チュートリアル1のCoastline.svgに空港情報を追加。
      • 空港の表示イメージの定義・実際の空港情報(緯度・経度、使用するイメージ、タイトル、クリック時の表示情報)を記述。
      • 空港情報以外にhttpリンクも記述できる。この場合、以下の内容が実行可能になる。
        • 空港イメージをクリックすると他のWebページに遷移する。
        • 現在のURLに対してハッシュを付加することで、地図の表示位置を変更できる。
        • 上記の内容を1つの空港に対して、設定することができる(クリック後に、空港情報表示かURL遷移かを選択するダイアログが表示される)

チュートリアル3 海岸線地図のタイリングからの表示

チュートリアル1の内容を複数のタイルに分割して表示するチュートリアルです。実際の動作はこちらをクリック。

詳細は、 チュートリアル3を参照。


チュートリアル4 Bitmapイメージ地図表示

チュートリアル1の内容に一部のBitmapイメージ地図を重ねて表示するチュートリアルです。実際の動作はこちらをクリック。

詳細は、 チュートリアル4を参照。

  • ファイル構成はtutrial4ディレクトリに以下のファイルがあります。
    • tutorial4.html
      • チュートリアル4用のhtml。tutrial1.htmlと同様の内容。
    • Container.svg
      • チュートリアル1と同様のCoastline.svgと重ね合わせて表示するビットマップイメージのbitmapImage.svgを読み込む
    • Coastline.svg
      • チュートリアル1と同様の日本の海岸線データ。
    • bitmapImage.svg
      • 重ね合わせるビットマップイメージSVGファイル。以下のWebページ内にあるツールを使用して作成したもの。
      • ビットマップイメージSVGについては、こちらを参照。


チュートリアル5 Dynamic Contents

外部のOpenStreetMapを表示するチュートリアルです。OpenStreetMapが256×256ピクセルのタイルに分割されたイメージを使用しているので、画面に表示される部分・ズーム率などから最適なタイルを取得表示するJavaScriptをSVGファイルに埋め込んであります。 実際の動作は、こちらをクリック。

詳細は、 チュートリアル5を参照。

  • ファイル構成はtutrial5ディレクトリに以下のファイルがあります。
    • tutorial5.html
      • チュートリアル5用のhtml。tutrial1.htmlと同様の内容。
    • Container.svg
      • 外部のOpenStreetMapを表示するためのdynamicOSM_r10.svgを読み込む。
    • dynamicOSM_r10.svg
      • 外部のOpenStreetMapを表示するためのJavaScriptを含むSVGファイル。
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール
Translate