チュートリアル

提供: svg2wiki
移動: 案内, 検索

SVGMapのチュートリアルです。簡単なものから応用的なものまで少しずつ紹介いたします。特に自身でSVGMapコンテンツを構築するシステム開発者向けの資料となっています。

開発無しに手持ちのデータをツールを使ってSVGMapとして利用したいという利用者にはこちらのチュートリアルを推奨します。

チュートリアルプログラムのディレクトリ構成

└───devinfo
     └───devkddi
          └───tutorials
              ├───js          Javascriptファイル
              ├───img         イメージファイル
              ├───tutorial1   チュートリアル1
               .
               .
              └───tutorialN   チュートリアルN

目次

基本編

SVGMap.jsを用いた地図コンテンツ(ウェブページ)を構築する 基本的なチュートリアルです。

基本編はすべて静的なファイル(コンテンツ)だけで構成されます。javascriptによるWebAppのコーディングも行いません。

また、サーバ側にもDBMSやGISサーバエンジンは設置しません。(なお、サーバ側に動的なものを設置しない点は、WebApp Layer編も同様)


チュートリアル1 海岸線地図表示

最初に日本の海岸線を表示するチュートリアルです。

実際の動作は、こちらをクリック。

解説

あらすじ

  • ファイル構成 tutrial1ディレクトリに以下のファイルがあります。
    • tutrial1.html
      • SVGMapのコアプログラムファイル(SVGMapLv0.1_r17.jsおよびSVGMapLv0.1_LayerUI2_r4.js)を読み込み、SVGMapの各種APIを利用可能にする。
      • 地図表示部分を(DIVで)定義し、そこに表示するレイヤをまとめたSVGファイル(Containers.svg)を読み込む(上記SVGMapのコアプログラムにて自動的にVisibleになっているレイヤが表示される)。
      • ズームアップ・ズームダウン・GPSの各ボタンの表示とクリック時の動作(SVGMapのコアプログラムのそれぞれのAPIを呼び出す)を定義。
        • ズームアップボタン:svgMap.zoomup() APIを呼び出すことで地図をズームアップする。
        • ズームダウンボタン:svgMap.zoomdown() APIを呼び出すことで地図をズームダウンする。
        • GPSボタン:svgMap.gps() APIを呼び出すことで、現在地(PCやスマートフォンの位置、特定できる場合のみ)を中心にズームアップ表示する。
      • 中心を表す十字マークを表示。
      • 上記十字マークが示している地図上の緯度・経度の表示(実際には、地図の移動時に地図の中心の緯度・経度を表示する)。
    • Container.svg
      • 表示する各レイヤ用のSVGファイルを読み込む(Coastline.svgのみを読み込んでいる)
    • Coastline.svg
      • 日本の海岸線のデータを多数の線で定義している。

チュートリアル2 海岸線地図とPOI(空港)表示

チュートリアル1の内容にPOIで空港を表示するチュートリアルです。

実際の動作はこちらをクリック。

解説

あらすじ

  • ファイル構成はtutrial2ディレクトリに以下のファイルがあります。
    • tutrial2.html
      • チュートリアル2用のhtml。tutrial1.htmlと同様の内容。
    • Container.svg
      • 表示する各レイヤ用のSVGファイルを読み込む(Coastline_Airport.svgのみを読み込んでいる)
    • Coastline_Airport.svg
      • チュートリアル1のCoastline.svgに空港情報を追加。
      • 空港の表示イメージの定義・実際の空港情報(緯度・経度、使用するイメージ、タイトル、クリック時の表示情報)を記述。
      • 空港情報以外にhttpリンクも記述できる。この場合、以下の内容が実行可能になる。
        • 空港イメージをクリックすると他のWebページに遷移する。
        • 現在のURLに対してハッシュを付加することで、地図の表示位置を変更できる。
        • 上記の内容を1つの空港に対して、設定することができる(クリック後に、空港情報表示かURL遷移かを選択するダイアログが表示される)

チュートリアル2b 海岸線地図とPOI(空港)表示 (レイヤリング)

チュートリアル2の内容に対して、POI(空港)と海岸線地図を別ファイルに分け、レイヤリング表示するチュートリアルです。

実際の動作はこちらをクリック。

解説

あらすじ

  • ファイル構成はtutrial2bディレクトリに以下のファイルがあります。
    • tutrial2b.html
      • チュートリアル2b用のhtml。tutrial1.htmlに対して、レイヤーリスト・On/Off UIを設置している。(id="layerList"のdiv要素)
    • Container.svg
      • 表示する各レイヤ用のSVGファイルを読み込む(Airport.svgと、Coastline.svgの2個のファイル(レイヤ)を読み込んでいる)
    • Airport.svg
      • 空港情報を別ファイルとして追加。
    • Coastline.svg
      • チュートリアル1のCoastline.svg

チュートリアル3 海岸線地図のタイリングからの表示

チュートリアル1の内容を複数のタイルに分割して表示するチュートリアルです。

実際の動作はこちらをクリック。

解説

あらすじ

チュートリアル4 Bitmapイメージ地図表示

チュートリアル1の内容に一部のBitmapイメージ地図を重ねて表示するチュートリアルです。

実際の動作はこちらをクリック。

解説

あらすじ

  • ファイル構成はtutrial4ディレクトリに以下のファイルがあります。
    • tutorial4.html
      • チュートリアル4用のhtml。tutrial1.htmlと同様の内容。
    • Container.svg
      • チュートリアル1と同様のCoastline.svgと重ね合わせて表示するビットマップイメージのbitmapImage.svgを読み込む
    • Coastline.svg
      • チュートリアル1と同様の日本の海岸線データ。
    • bitmapImage.svg
      • 重ね合わせるビットマップイメージSVGファイル。以下のWebページ内にあるツールを使用して作成したもの。
      • ビットマップイメージSVGについては、こちらを参照。

WebApp Layer編

SVGMapでは、レイヤーとして単純な静的SVGMapコンテンツだけでなく、レイヤーにウェブアプリケーションを紐付けることでレイヤーのSVGMapコンテンツ(のDOM)をjavaScriptコードで動的に制御・変更できるWebApp Layer機構を用いることができます。

WebApp Layer編はこの機能を使うWebAppをコーディングします。 ただし、サーバ側には基本編と同様に動的な仕組みは構築しません。(コンテンツ・ファイルを設置するだけです。)

なお、SVGMap.jsはWMSやWFSのような動的に地図・地理情報を配信する仕組みやDBMSを用いた動的なサーバ(ウェブサービス)を接続して動作させることも可能です。ウェブサービス結合編を参照ください。

チュートリアル5 WebApp Layer タイルピラミッド

OpenStreetMapのタイルピラミッドを用いて、伸縮・スクロールに応じ適切な地図を表示(Level of Detail)するレイヤーを、SVGMapのWebApp Layer機構によって構成するチュートリアルです。

実際の動作は、こちらをクリック。


解説

あらすじ

  • ファイル構成はtutrial5ディレクトリに以下のファイルがあります。
    • tutorial5.html
      • チュートリアル5用のhtml。tutrial2b.htmlと同様の内容。
    • Container.svg
      • 外部のOpenStreetMapを表示するためのdynamicOSM_r11.svgを読み込む。
    • dynamicOSM_r11.svg
      • 外部のOpenStreetMapを表示するSVGMapコンテンツのレイヤー(中身は空で下のウェブアプリケーションがDOMを動的に構築している)
    • dynamicOSM_r11.html
      • 上記dynamicOSM_r11.svgに紐づいたウェブアプリケーション

チュートリアル6 WebApp Layer geoJSON

webAppで非同期読み込みによりGeoJSONデータを読み込み、SVGMapフレームワークのライブラリを使ってSVGMapコンテンツのDOMに変換し表示するチュートリアルです。

実際の動作は、geojson1.html をクリック。

解説

あらすじ

  • geojson1.html: 周辺ライブラリ(SVGMapGIS)の読み込み
  • Container.svg: クリッカブルなレイヤリングの設定
  • geoJsonExample1.svg: UIを持ったレイヤーを操作するwebAppを指定する方法
  • geoJsonExample1.html: svgMapGIStoolによるGeoJsonデータのSVGMapコンテンツ化

チュートリアル7 WebApp Layer ベクトルタイル

webAppで非同期読み込みによりタイル分割されたCSVのPointジオメトリファイルを読み込み、SVGMapフレームワークのライブラリを使ってSVGMapコンテンツのDOMに変換し表示するチュートリアルです。

実際の動作は、tiling1.html をクリック。

解説

あらすじ

  • tiling1.html: 周辺ライブラリ(SVGMapGIS)の読み込み
  • Container.svg: クリッカブルなレイヤリングの設定 (チュートリアル6とほぼ同じ)
  • simpleTiling.svg: UIを持ったレイヤーを操作するwebApp チュートリアル6とほぼ同じ
  • simpleTiling.html:
    • GeoJsonを読む点はチュートリアル6と同様
    • 表示領域に応じてGeoJsonを動的に読み込む
      • 小縮尺(広いエリア)表示のとき、読み込むタイルが多くなりすぎる場合は読み込みをやめ表示させない

チュートリアル8 WebApp Layer メッシュデータ

webAppで非同期読み込みにより、2次元配列形式のメッシュデータ(グリッドデータ、ラスターデータなどとも呼ばれます)のCSVファイルを読み込み、SVGMapコンテンツのDOMに変換し表示するチュートリアルです。

実際の動作は、mesh1.html をクリック。

解説

あらすじ

  • このチュートリアルで扱うメッシュデータの形式
  • Container.svg: クリッカブルなレイヤーを指定
  • ArrayMesh.svg: webAppが紐付けられたレイヤー
  • ArrayMesh.html: メッシュデータを読み込み、一個一個のメッシュをsvgのrect要素として可視化。


チュートリアル9 WebApp Layer メッシュタイル (タイル分割されたメッシュデータ)

webAppで非同期読み込みにより、タイル分割されたメッシュデータを表示するチュートリアルです。読み込むメッシュデータは地域基準メッシュをベースとしたGridded XYZデータとし、小縮尺データおよび大縮尺データを用意して簡単なタイルピラミッドを構成し、Level of Detailを実装しています。

可視化に用いるサンプルデータは統計局が公開する3次メッシュの自治体コードデータです。

実際の動作は、mesh2.html をクリック。

解説

あらすじ

  • このチュートリアルで扱うメッシュデータの形式
  • Container.svg: クリッカブルなレイヤーを指定
  • meshTileViewer.svg: webAppが紐付けられたレイヤー、webAppsは隠れた状態で起動
  • meshTileViewer.html: メッシュデータを読み込み、一個一個のメッシュをsvgのrect要素として可視化。

チュートリアル9b WebApp Layer メッシュタイル カスタムダイアログ

チュートリアル9の内容に加えて、メッシュをクリックしたときに出現するダイアログをカスタマイズしています。

実際の動作は、mesh2b.html をクリック。

解説

あらすじ

  • meshTileViewerB.html: レイヤーに紐付けられたwebApp。チュートリアル9の内容に加え、オブジェクトをクリックしたときに起動するコールバック関数を設定し、ダイアログをカスタマイズしています。


チュートリアル10 WebApp Layer メッシュデータのビットイメージ化

メッシュデータ(グリッドデータ)はラスターデータとも呼ばれるように、Webコンテンツとして使われるビットイメージデータとほぼ同等です。そこでメッシュデータを動的にビットイメージコンテンツ(PNG形式)化し地図画面上に表示するWebAppを構築してみます。性能面でのメリットがあります。

実際の動作は、mesh3.html をクリック。

解説

あらすじ

  • 地理院が公開するジオイド高データ(TEXTデータ)をfetchAPIで読み込み変数(Object)に保持する
  • canvas要素のAPIを用いてビットイメージを構築
  • dataURI化してSVGのimage要素にし、地図上に配置

チュートリアル11 WebApp Layer 地図を使った位置指定UI

チュートリアル10をベースに、地図上で位置を指定して、その場所のジオイド高を計算・表示する対話型アプリを構築します。

実際の動作は、mesh3b.html をクリック。

解説

あらすじ

  • バイリニア補完によるメッシュデータを利用した任意位置の値の計算
  • 地図上の任意の点を指定して、その位置のジオイド高を表示


ウェブサービス結合編

SVGMap.jsは高度で柔軟なタイリング機構によりJamstackのパターンを幅広く活用できるため、サーバのオーバヘッドが高い動的なウェブサービスが必要なケースを従来のフレームワークと比べて大幅に減らすことができます。(参考:SVGMapToolsを使ったチュートリアルQuad Tree Composite Tiling and the standardization of tiling

それでも動的なサービスの結合が必要なケースは多くあるため、ここではその方法を既存の公開ウェブサービスを利用して実装してみます。(依ってこのチュートリアルでは動的なサービス側を構築することには踏み込みません。GeoServer, MapServer, PostgREST + PostGIS 等はその実装に利用できるでしょう)

チュートリアル12 WMSの利用

指定したパラーメータに従ってビットイメージの地図データを出力するウェブサービス仕様Web Map Service (WMS)のサービスをSVGMapのレイヤーとして表示させてみます。

GEBCO Web Service(海底を含む全球地形図)を使ってみます。

まずは伸縮スクロールとは関係なく、地図コンテンツを単に表示させてみます。これはチュートリアル4と行っていることは基本的に同じです。WMSのスペックに従ってURLのクエリパートを設定するだけです。

実際の動作は、wms1.html をクリック。(Note: WMSが地図を生成配信するまでに少々時間がかかります)

解説

あらすじ

  • WMSのパラメータとSVGMapコンテンツのビットイメージ配置のパラメータの関係を理解します
  • image要素によって、WMSから取得したデータを配置します

チュートリアル13 WebApp Layer WMS 伸縮スクロールに応じた表示

WebApp Layer機構を用いれば、ウェブサービスに接続し表示領域に応じた地図コンテンツを動的に表示することができます。チュートリアル12と同じGEBCO Web Serviceを使ってみます。

実際の動作は、wms2.html をクリック。(Note: WMSが地図を生成配信するまでに少々時間がかかります)

解説

あらすじ

  • 表示領域のパラメータを伸縮スクロールの度に取得します。
  • このパラメータを用いて、WMSへのクエリURLを構築します。
  • image要素によって、WMSから取得したデータを配置します
  • 1ステップ前のimage要素は消去します。

チュートリアル14 WebApp Layer ベクトル地理情報サービスの結合

動的にベクトルデータが生成・配信されているサービスをSVGMap.jsに結合します。ここではUSGS Hazards Programが配信している、世界の地震発生状況データ(GeoJSON版)を結合してみます。

動的なサービスと接続してはいますが、基本的にはチュートリアル6との違いはありません。

実際の動作は、geojson2.html をクリック。

解説

あらすじ

チュートリアル6に対し、以下が相違点です。

  • geoJsonExample2.html:
    • USGS Earthquake Hazards Program Feedの仕様に基づいたGeoJsonリクエスト用URLの生成とそのためのUI
    • 同仕様に基づいたメタデータ表示設定
    • 10分に一回更新

チュートリアル15 WebApp Layer 伸縮スクロールに応じたベクトル地理情報サービス結合

動的にベクトルデータが生成・配信されているサービスをSVGMap.jsに結合します。前章と異なり、伸縮スクロールする度にその表示領域に応じたデータをサービスから取得して表示します。

ここではNatural Resources Canadaが提供している、Geoname Service API(カナダの地名データサービス)を結合してみます。

実際の動作は、vectorService1.html をクリック。(Note: サービスがデータを生成配信するまでに少々時間がかかります)

解説

あらすじ

  • 表示領域のパラメータを伸縮スクロールの度に取得します。
  • このパラメータを用いて、仕様に基づきサービスへのクエリURLを構築、CSVを取得します。
  • ポイントデータをSVGのuse要素として可視化します。
  • 1ステップ前のデータは消去します。
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール
Translate